読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきーの日記

主に旅客機のサービスに対し独断と偏見で感想をひたすら書いていく日記。JAL贔屓のためJALネタ多め。後はてきとー。

JAL 日本航空

2013 3/13 JL725便 東京(成田)~ジャカルタ ファーストクラス 搭乗記

成田-ジャカルタ線と言えばJAL東南アジア線唯一のファーストクラス 設定路線です。

かつては香港・シンガポール等にもファーストクラスがあったのですがいつの間にか廃止になっておりました。

 

東南アジア線唯一のファーストクラスは満足いくものだったのでしょうか?

 

■結果

 

ニューヨーク線と比較しても全く遜色ないサービスを堪能することができました。

機内食のアラカルトメニューが少し絞られていましたが、8時間程度のフライトですから問題はありません。

なにより最初の食事でニューヨーク線と同じ品数のフルコースを頂けたこと、また同じく電話で事前にコースメニューの予約ができたことに対する満足感がとても大きいものでした。

 

■予約

 

アップグレードポイント廃止直前にビジネスクラスのチケットを購入し、往復共にアップグレードしました。

実際に購入した20万弱の週末ステイビジネスクラス運賃でファーストクラスに乗れる最後のチャンスだったので当時まだ大学生だった私にとって清水の舞台から飛び降りる思いで購入した思い出がありますw

JALのWebサイトからアップグレードクーポンを使用し、最初からファーストクラスの窓側席を確保、決済後すぐに機内食の予約をしました。

 

■空港 ラウンジ

 

ファーストクラス利用者は成田空港ではJALファーストクラスラウンジに通されます。

f:id:akkeyJGC:20150929234508j:plain

サクララウンジに比べるとコンパクトな空間ですが、利用者も限られるため広々と使えます。 

 

f:id:akkeyJGC:20150929234509j:plain

朝食のバイキングを頂きます。サクララウンジには無いオードブルが何品かありました。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234510j:plain

シャワーもマッサージも待ち時間なしで使うことができました。 

 

■搭乗

 

他の東南アジア線の多くがサテライトターミナルからの出発でしたが、このジャカルタ線だけはメインターミナルの搭乗口からの出発でした。

ファーストクラスの設定もそうですが、JALが如何に成田-ジャカルタ線に力を入れているかが伺えます。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234511j:plain

機材はJALで唯一ファーストクラスの内装を持つ、777-300ER

 

f:id:akkeyJGC:20150929234513j:plain

ボーディングブリッジはファーストクラスとそれ以外のクラスで分けられていました。

 

■機内 シート

 

当時はSKYSUITE導入前だったためこの機材が最新鋭でしたが、ファーストクラスに関してはSKYSUITE仕様機のシートと殆ど変りはありません。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234514j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234518j:plain

座席配置は1-2-1の4アブレストビジネスクラスが2-3-2、エコノミークラスが3-3-3アブレストのため、

横幅だけ比較してもざっとビジネスクラスの1.5倍以上、エコノミークラスの2倍以上あります。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234515j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234516j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234517j:plain

シートを最後まで倒せば当然フルフラットになります。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234519j:plain

実は可動部分はビジネスクラスよりもシンプルな作りになっています。

フルフラットのベッドになるシートのためレッグレストの細かい調整の必要が無くなった結果のシンプルさと言えるでしょう。

 

■フライト

 

日本とジャカルタの時差は2時間程度、昼間のフライトです。

寝る必要もないのでゆっくり食事を頂きながら寛ぐことにしました。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234520j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234521j:plain

ウェルカムドリンクのシャンパンは、幻のサロン社製シャンパンです。

ドンペリより貴重なシャンパンです。味的にはドンペリよりは辛口だと思います。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234522j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234523j:plain

シャンパンと相性の良いアペタイザーに舌包みを打ちながらジャカルタを目指します。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234524j:plain

前菜その1、キャビアでございます。レモンの隣の冷製スープとキャビアとの相性が絶妙でした。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234525j:plain

前菜その2。お菓子仕立てのフォアグラとのことですが、とても機内食とは思えない盛り付けのあまりの美しさに、食べるのが勿体ないくらいでした。

機内食でここまで丁寧な盛り付けができるのもJALだからこそではないでしょうか。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234526j:plain

実は下戸なので、ドリンクを途中からロイヤルブルーティーに替えております(笑)

 

f:id:akkeyJGC:20150929234527j:plain

f:id:akkeyJGC:20150929234528j:plain

メインのステーキです。和牛フィレ肉をレアで頂きました。舌の上でとろけるような感覚は日本発の機内食でしか味わえないため、機内食としてはとても貴重な味です。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234529j:plain

〆のデザートもしっかり頂きます。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234530j:plain

メインの食事が終わった後も、昼間のフライトなので間食を頂きました。フルーツもとても質が良く、美味しい。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234532j:plain

フライト終盤に差し掛かるころ、日本時間ではもう夕方の5時過ぎ。ジャカルタの入国審査は非常に混雑し時間がかかるため、早めに夕食を頂くことにしました。

カレーを注文した際、最初のコースメニューとして用意されていたスープを勧めらたので頂きました。これがまた美味しいんですね・・・

 

f:id:akkeyJGC:20150929234531j:plain

 勿論デザートも頂きました。和菓子の出し方もとても凝っています。

 

f:id:akkeyJGC:20150929234533j:plain

 着陸間近の光景です。夕方の太陽光が反射し海がオレンジ色に輝いています。

飛行機から見る午後~夕方の景色はとても美しいですね。

 

今回は(も?)食べてばかりのフライトでしたが、疲れ知らずを通り越して寧ろフライトを通して体力を回復することができました。

 

以上!

 

>>次の便

747akkey.hatenablog.com