読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっきーの日記

主に旅客機のサービスに対し独断と偏見で感想をひたすら書いていく日記。JAL贔屓のためJALネタ多め。後はてきとー。

JAL 日本航空

2014 5/1 エミレーツ航空 EK901便 ドバイ~アンマン 777-300 ファーストクラス搭乗記

バイ~ヨルダンの首都アンマンまでは約4時間のフライトとなります。

エミレーツ航空としては短時間フライトのカテゴライズになるようです。

そんな短距離ファーストクラスのサービスは充実したものだったのでしょうか?

 

■結果

 

流石に個室のファーストクラスとはいきませんでしが、

それでもフルフラットシートで寛ぐひとときは4時間のフライトとしては充分贅沢な時間でした。

 

■空港 ラウンジ

 

バイエミレーツ航空ラウンジと言えばA380専用のターミナル3の1フロア丸ごとラウンジ×2階が有名ですが昔ながらのターミナル1にもファーストクラス、ビジネスクラスそれぞれのラウンジがあります。

※ターミナル3のラウンジについてはこちらをご覧ください

2013 1/19 エミレーツ航空 EK306便 ドバイ~北京 A380 ファーストクラス搭乗記 - あっきーの日記

 

f:id:akkeyJGC:20150930070849j:plain

ターミナル3に比べれば小規模ですがそれでも世界中数多ある航空会社の、しかもファーストクラス専用ラウンジとしてはかなり大規模なラウンジとなっております。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070850j:plain

ラウンジは2階構造です。階段は大理石で出来ており非常に豪華な雰囲気を醸し出してます。

まるでホテルのロビーのようです。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070851j:plain

小規模ながらダイニングもあり、ここで食事を採ることも可能です。

勿論フルオーダー式のレストランです。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070848j:plain

ラウンジからは駐機している飛行機が良く見えます。ドバイの他のエミレーツラウンジと比べて一番良く飛行機が見えるラウンジでした。

 

■機内 シート

 

さて、3時間程度の乗り継ぎだったためラウンジ滞在もわずか、飛行機に搭乗します。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070852j:plain

 エミレーツ航空としては最古のファーストクラスで、横6席×2列の12席設定があります。

横幅はJALのファーストクラスと同じなので長距離フライトでは窮屈かもしれませんが3~4時間程度のフライトとしては十分な広さがあります。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070853j:plain

昨今ファーストクラスで主流の個室にベッドスタイルのシートではなく、一昔のあくまで座席を究極までに進化させたシートが逆に新鮮でした。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070854j:plain

個室スタイルでこそないものの、隣席とはパーテーションでガチガチに固められプライベート感じ充分過ぎるほどです。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070858j:plain

f:id:akkeyJGC:20150930070857j:plain

勿論フルフラットのベッドにもなります。

寝がえりを打てるほど、とは言いませんが昼寝程度には十分な広さです。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070855j:plain

座席ごとのミニバーもあります。ミニバーはプライベートスイートの設備と言う印象が強いかと思いますが実は個室化前のファーストクラスからの伝統的なサービスだったんですね。

 

■フライト

 

f:id:akkeyJGC:20161226215555j:plain

搭乗後席に着くと最初のサービスとして中東の航空会社名物、デーツとアラビックコーヒーを頂きます。

 

f:id:akkeyJGC:20161226215923j:plain

バイの空港を離陸後すぐに世界一高いビル、ブルジュ・ハリファが見えました。

こんな遠くからでも非常に良く目立つ姿はとても印象的でいつまでも眺めていました。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070859j:plain

シートベルトサイン消灯後、ドリンクサービスが始まりました。勿論シャンパン、ドンペリを頂きます。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070900j:plain

アラビア砂漠の上空に乾杯!

 

f:id:akkeyJGC:20150930070901j:plain

バイを朝に出発しアンマンへは午前中に着く便なので機内食は朝食でした。

エミレーツ航空の朝食は最初にフルーツが出てくるスタイルでした。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070902j:plain

フルーツの後にメインディッシュが改めてサービスされます。

オムレツ、ハッシュポテト、マッシュルームは朝食らしいメニューですが良く見るとステーキが乗ってます・・・朝からステーキは流石に重かったw

 

f:id:akkeyJGC:20150930070903j:plain

アラビア砂漠上空を航行中、広大な砂漠に無数の黒円があるのを見かけました。

これもしかして全部石油関連施設でしょうか?

日本の上空からはまず見かけないとても不思議な光景でした。

 

飛行機の中からも非日常を満喫しつつ、あっという間にシートベルト着用のサインが点灯しあっという間に着陸しました。

 

f:id:akkeyJGC:20150930070904j:plain

アンマン、クイーンアリア国際空港に到着しました。ターミナルビル直結のボーディングブリッジはそこまで多くなかったと思いますがこの時は運よく沖止めにされませんでした。

 

フライト時間にし4時間と、短い様で長いフライトを過ごすには十分な食事が用意され座席もフルフラットになるため、その気になれば朝の二度寝も非常に気持ち良くこなす事もできることから、意外にも豪華なサービスの恩恵を充分に受けることができました。

多くの航空会社がビジネスクラスとエコノミークラスに集約する中、敢えてファーストクラスにこだわるエミレーツ航空のサービスは流石で、非常に心地良いものでした。

 

以上!